ー 趣味農業。素人による地域応援バラエティ ー

No.35 【感覚的なお話】自分が感じる「農業」と「百姓」の違い。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

はいっ!!😉

こんにちはーーーッ!!😉

 

皆様、すっかり恒例となった「シルバーウィーク」は

どの様に過ごされましたか??

 

確か、僕が子供の頃には「ゴールデンウィーク」という

言葉しかなかった様に感じております( ˙-˙ )(笑)

 

 

さて、本日の話題は、、、

私が感じる「農業」と「百姓」の違い

という、感性をフル稼働させたような

感覚的な記事を書きたいと思います( ˙-˙ )

 

退屈な話かもしれませんが、どうぞお付き合いください( ˙-˙ )

 

 

祖父の指導の下で農業して感じた事。

僕の祖父は2018年で84歳になります。

 

僕は2017年より祖父の下で、いわゆる「農業」というものを

勉強させてもらっております(現在進行形)。

 

初めは、「農業」と呼ばれるものを教えてもらいながら、

「いかに利益を出すか」

という事だけを考えておりました。

 

しかし、日が経つにつれて、何か別の感情の様なものを

感じる様になってきました。

感覚的なものなので、それを頑張って言葉で表現していきたいと思います。

 

僕は、篠山市で農業に携わる前は、

サラリーマンとして、

大阪の大都会の中心地で1人暮らしをして、

それなりに楽しんで生活していました。

 

スーパーで売ってある野菜や果物を見て、

「ほうれん草が〇〇円で売ってる!」とか、

「キャベツが〇〇円で売ってる!」とかを見て、

 

「そう言えば、祖父が農業をしていたな~」と

思い出して、実際にそれ(農業)をやってみたくなって、

この丹波篠山という地域にやってきました。

 

実際に農業に携わってみると、

結構面白いんです😉

 

特にお世話をした物が出来た時などは、

夏休みに自由研究をして何かを作った時の喜びの様な、

達成感を味わえる様な気がします。

 

「地面」という、何もないところから

「作物」という有機物が出来る感覚が不思議でたまりません。

そして、その感覚は今でも感じます。

なんか、「0」から「1」を作るみたいな感覚?(笑)

 

クリエイターみたいな言葉ですが。ww

 

いや、そりゃ、確かに種を植えたら作物は

勝手に育つんですがw

 

確かに、「農業」と呼ばれている職業は、

利益を出している人が少ないかもしれません。

 

でも、

おもしろいです😉

たぶん、利益関係なしに、趣味でやれる範囲であれば

ハマる人も多いと思います。

 

某テレビ番組で自然と戯れている方たちも、

「農業はライフワークだ」と言っていました。

 

その気持ち、何となく分かる様な気がします。うん。

 

祖父がしきりに言っている「百姓」という言葉

 

祖父はいつも「農業」という言葉を使わず、

「百姓」という言葉を使います。

 

そこに何か、古き良きというか、

何を大切にしないといけないのかとか

その類の考え方が含まれている様に感じます。

 

考えすぎかもしれないですがww

 

僕の感覚的な言葉で表すと、

現代で使われている「農業」という言葉は結構、

ビジネス的なイメージが付いていると思います。

 

つまり、「利益を出す」という事に

重きを置いている感じがあります。

 

一方、

祖父が使用している「百姓」という言葉は、

「農業を含む生活方法」の様な意味で使っているんだと感じます。

極端な例かもしれませんが、

朝、日が出たら働きに出て、

夜暗くなってきたら帰ってきて、、

 

晴れの日は、外で畑作業をして、

雨の日は道具を修繕したり、

書き仕事(経費の計算とかw)したり、

勉強したり

 

みたいな感じです。

「仕事」というと、

「働く日」と「休む日」が明確に分別されている

イメージですが、

 

「百姓」は、

「この日が明確に休み!」

みたいな決まりは特にありません。

特に、収穫期なんか休みがありませんw

 

つまり、

生活軸の中に、「農業」が溶け込んでいる様な感覚です。

 

分り辛いですね( ˙-˙ )(笑)

 

結局どちらが良い、悪いの判断は出来ません(笑)

僕は、大阪でサラリーマンをしている時は、

明確に「仕事の日」と「休みの日」が

別れていました。

 

しかし、今は、

ほとんど休みがありませんww

正確に言うと、世間一般で言われている、

「休み」、つまり、

「全く別の事をして、気分転換をしている日」が少ない様に感じます。

 

それでも不思議な事に、

「体力的な」疲れを感じる事はありますが、

サラリーマン時代の

「精神をすり減らす」様な疲れはあまり感じない様に思います。

 

何が良いか、悪いかなんて、

個人の性格によるものだと思いますが、

この様に、「仕事」が「生活」の一部になっているというのは

一つの幸せの形なのではないかと感じる日々でございます( ˙-˙ )

 

今回は、非常に長文で失礼しました😱(笑)

 

実際に感じたり、体験をしないと分からない事も

あるかと思いますので、

 

気になった方は、是非とも篠山の雰囲気を味わいに

来てみて下さいね~😉♫

 

本日もご覧くださり、誠にありがとうございました😊

次回もお待ちしております😊

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© もぎ男のニコニコ百姓日記 , 2018 All Rights Reserved.