ー 趣味農業。素人による地域応援バラエティ ー

【限界集落】地方における米作りの悲しい現実をお伝えします。①

2017/11/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

はい、こんにちはー!!!!

 

田舎の明日を考えるNaoyaと申します。\(^o^)/

 

 

 

 

はい!

 

いきなりですが、宣言します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の内容は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルの通り、

 

「地方の悲しい現実」をお伝えします。😔

 

 

 

 

 

 

 

何が悲しいのかと言いますと…

 

 

 

 

 

 

 

 

農業の「大変さ」に関して、

 

言及させて頂きます😉

 

 

 

 

 

 

 

 

以前のブログにも書きましたが、農村の9月は

 

「稲刈り」

 

真っ最中です。

 

(よろしければ、下記の過去ブログを参考にしてください。😉)

 

(☟過去ブログ)

【農業】大惨事。花粉症保持者が、稲刈りするとこうなるよ。

 

 

 

 

 

 

しかーしッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若者が少ない地域には、日本の稲作の

 

「悲痛な叫び」

 

がありました。

 

本日は、ブログを見て下さった方にそれが伝わればいいなと思って…

 

 

真面目に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お伝えせずに、

 

 

 

 

 

いつもの調子でお伝えしまーーーす!!!!😉

 

 

 

 

 

どうぞ、時間が許す限り、お付き合いくださいませ。😉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、稲刈りの基本から

 

 

♫では、さっそく行ってみよう!♫

 

 

「I ・ NE ・ KA ・ RI」紹介!!

 

ズンチャッ!♫ズンチャッ!♫

 

まず、稲刈りの基本はこうだ!

 

 

 

 

大前提:稲を収穫する田んぼの前に降り立つ。

 

※写真はイメージです。悪しからず。

 

 

 

 

 

①:そして、鎌を持つ。

カマオ君 : 「おう!よろしくYO!」

 

 

 

 

 

➁:カマオ君を握りながら、鎌でー…

 

 

 

 

 

 

 

➂ズバッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「超気持てぃぃいぃーーーーーーー!!!」

 

 

 

「ザクッ!!!」

 

 

この刈り取るときの爽快感がたまらないんです!!

はい😉

 

苦労して育てた作物を収穫するという喜びもありますね。😉

 

 

 

 

これを手で稲を刈る事から「手刈り」と呼んでいるのですが、

 

この手刈り…

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、

 

めちゃくちゃしんどいんです😉

 

 

トレーニングしたい方、収穫の時期においで。

 

マジで、体力が鍛えられるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、「手刈り」はしんどいから、

 

☟コンバインという機械を使用します😉

 

 

 

 

 

手刈りマン : 「手刈りの方が、気持てぃのに~」

 

 

 

でもやっぱり、文明の利器には勝てません。

 

 

 

コンバインで稲を刈ると、

 

かかる時間的には、「手刈り」より10倍ぐらい、

 

否…

 

15倍ぐらいの速さで

 

稲を刈り取る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、やっぱり、機械なので弱い部分があって…

 

 

☟この様な、足がめり込んでしまうような「緩い」田んぼでは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☟機械に泥が詰まって、

その結果、時間がかかります😔

 

 

☝☝泥が詰まると、こうなっちゃいます。

 

※機械の泥を掃除しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、泥が機械に詰まってしまうと、稲が刈れなくなるんです。

 

 

 

泥が詰まってしまうと、手入れが必要なため、

 

結局は、

 

稲刈りに時間を要してしまいます。

 

 

 

 

手刈りマン : 「結局は、手刈りの方がいいじゃないかーーーー!!!!!」

 

 

 

 

 

 

いいえ、そんな事ありません。

 

 

 

 

 

実は、稲の収穫時期は

 

10日間ぐらいと言われていて、

 

その時期に刈らなければ、

 

米が味と質と共に落ちてしまいます。

 

 

 

 

なので、手刈りマンがどんなに、

 

手刈りマン : 「手刈りをさせてくれーーーーー!!!!」

 

と、叫んでも、

 

 

 

スピード重視で、

 

機械に頼らざるを得ないのです。

 

ごめんね、手刈りマン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、米の収穫期は農家の血の気が多くなります。

 

 

米を作るのも大変ですが、

 

 

「収穫する」

 

 

のも、結構というか、だいぶと大変なんです。。。

 

 

 

地方農村で起きている事。

 

 

※これは、あくまでも自分が住んでいる地域のお話です。

 

全ての地域に当てはまる事ではないかと思いますが、

 

今から書く事と、

 

似たような事はどこかでも、起きているのではないかと思います。

 

 

 

 

カマオ君 : 「稲刈りって大変なんだなーー!」

 

 

「Ha Ha Ha——–!!!めっちゃ大変なんだぜーーーー!!!」

お、手刈りマン、めっちゃ明るいやんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう!!

 

お伝えした「稲刈り」は

 

「人手があってこそ」

 

出来ることなんです!!!😉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、人手がいない高齢化した地域はどうなっているのか…( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは…

 

 

 

農家が、

 

稲刈りのプロに

 

「お金を払って、刈り取ってもらっている」

 

のです。( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

手刈りマン : 「お米作りも大変だ~~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都会から、農村へと意気揚々とやって来た自分にとっては、

 

 

 

「米を苦労して作って、お金を払って刈り取ってもらってるのか~( ゚Д゚)」

 

 

悲しくなりました。😔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが!!!

 

 

 

 

 

 

そのプロたちも、その地域で時間の合間を縫って、

 

稲刈りを行っているのです。

 

 

 

 

賃金が発生しているので、アルバイトみたいなものですが😔

 

 

 

本日は、

 

 

運よく、その団体のお手伝いをする事が出来ましたので、

 

その様子もお伝えしようと思います!😉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、思いましたが!!

 

 

長くなりそうなので、その様子は次回に移します!!😉

 

良かったら、是非、読んでみて下さいね!!!\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

次回予告

 

地域のために働く稲刈りのプロ達

 

(BGM)♫♫♫~

 

地域の農業も限界に近付いている今日…

 

稲刈りの「プロ達」がおばあちゃん、おじいちゃんを助けている現状…

 

それを見たNaoyaは何を思うのか。

 

そして、日本の未来はどうなっていくのか。

 

ドキュメンタリーとも思わせる様な展開。

 

 

 

 

 

 

そして、それを真面目に伝える事が出来るのか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私に任せなさい!」

 

 

 

 

 

次回予告

地域のために働く稲刈りのプロ達

 

是非、お楽しみに!!!😉

 

 

 

 

では、本日もありがとうございました!!!\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© もぎ男のニコニコ百姓日記 , 2017 All Rights Reserved.