ー 趣味農業。素人による地域応援バラエティ ー

【限界集落】地方における米作りの悲しい現実をお伝えします。その➁!

2017/11/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

 

はい!どうも!

 

 

稲刈りで指を切った、Naoyaと申します!😉

 

 

もうね…

「ずばっ!」っといっちゃいました。😉

 

爪ごと真っ二つ…( ゚Д゚)

 

 

 

まぁ

 

そんな事も9月の台風に流してもらって、

 

どんどん書いていきましょっ―!!😉

 

 

 

 

 

 

 

前のおさらいから

 

 

 

 

今回は、ブログ始まって以来の、

 

連続企画

 

 

 

その名も…

 

「【限界集落】地方における米作りの悲しい現実をお伝えします。」

 

 

 

という事で、その第二弾となっています。

 

 

 

ちなみに、第一弾は下記のURL押すと…

 

 

 

ぶっ飛んで行きます。

 

 

 

是非、事前に自習しておきましょう😉

 

(☟過去ブログ☟)

【限界集落】地方における米作りの悲しい現実をお伝えします。①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…ってか、

 

 

 

 

 

 

 

 

見て下さい。

 

 

 

 

 

 

さすがに、癖が強い記事を書いているため、

 

是非、見ておいて欲しいところです。

 

 

 

 

 

しかし、まぁ

 

連続企画とは言っているんですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Ha Ha Haーー!!おそらく第二弾で終わるんだけどな!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おい…!!!!何て事を言うんだ…!!!」

 

 

 

 

地方には、解決しなければならない問題が山積みなんだぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、今回の記事は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これで終わりですけどね!!!😉」

 

 

 

 

 

 

だって、問題ばかり伝えていても、

 

何も解決しないですもんね!\(^o^)/

 

 

 

今回は、「地方の現実」という物を、

 

 

特に、「悪い部分・解決したい部分」を

 

 

ブログを通じて、お伝えできればなと思います。😉

 

 

 

 

では、お楽しみください!!

 

 

「地域のために働く稲刈りのプロ達」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、稲刈りのプロ達が行う事を予習してみよう

 

 

 

「お金を払って、稲刈りを任せているって、何をしているのだろうか…??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、疑問が出てきそうなので、お答えします!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは…??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面倒な事、力作業、全部します!!!😉

 

 

 

 

 

 

実は、稲刈りのプロが行う事は、

 

稲刈り

 

 

稲刈り後~玄米の出荷まで

 

です。

 

 

 

「米」を出荷するまでには、

 

皆さんが普段食べている、「精米」ではなく、

 

「玄米」にすれば、出荷をすることが出来るんです!\(^o^)/

 

※僕が経験した事に限ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため!!!

 

 

 

まずは、稲刈りのプロ達が何をしているのか

 

見ていくにあたり、

 

 

 

 

 

稲刈りを行った後、

 

 

 

「玄米」として

 

出荷用の袋に詰める段階までの工程

 

 

 

…を、理解してもらえればなと思うのです!!\(^o^)/

 

 

 

 

その際に!!!

 

 

 

 

☟よろしければ、過去のブログも工程を写真付きで書いてますので、

参考にして下さい!😉

 

【農業】大惨事。花粉症保持者が、稲刈りするとこうなるよ。

 

⚠ かなりふざけた記事になっております。 ⚠

 

 

 

 

 

ですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前の過去ブログを読むのなんて…

 

 

「メンドクせぇぇーーーーーー!!!」

 

 

 

 

 

という方は、悲しいですが、

 

☟下記にまとめております😔

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし!!!

 

 

あくまでも、

 

「簡単に」

 

まとめておりますので、悪しからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~とりあえず、「玄米」として出荷するまでの工程~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①:脱穀

 

とりあえず、稲刈りをした後、

 

「米」を穂から取り外す事が必要なのです。

それを「脱穀」と言います。

 

 

 

イメージ的には、この「穂」が付いている状態から…

 

 

この、お盆に載った状態の様にまでするのです。

※マスの中に入っているのが、「精米」になります。

 

 

単に、

 

「こく」

 

と言う、農家さんもいます。😉

 

面白いですね。😉

 

 

➁ :乾燥

 

脱穀後は「乾燥機」に入れて、お米を乾燥させなければなりません。

 

これは、出荷時の水分量が定められているからです。

 

 

奥の①番が「乾燥機」になります。

 

 

 

➂:もみすり

 

そして、乾燥が終わったすぐの状態では、

「皮」みたいな物(もみ)が付いた状態なので、

 

※☟先ほどの写真でいうと、この部分。※

これがもみが付いた状態のお米です。

 

 

 

 

それを取る事を、

「もみすり」といいます。

 

 

 

④:そして、玄米へ

 

もみすりを行った後は、

 

 

☟こんな感じに、「もみ」を取られて、

 

「玄米」として出てきます。

 

 

 

これで、「玄米」になります。

 

 

 

この「玄米」を30kgの袋に詰めると…

 

 

 

天下のJAさんには、出荷が可能となります。

 

 

 

まとめると、

「玄米」として出荷用の袋に詰めるまでは、

 

①「脱穀」

➁ 「乾燥」

➂ 「もみすり」

④「袋詰め」

 

が、必要となるんですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「超、分かりやすいじゃないかーーーーーー!!!!!」

 

 

 

 

結局、分かりやすく説明しちゃったね😉

 

 

 

 

何故

 

「お金を払ってまで、プロ達に稲刈りをしてもらっているのか…??」

 

その答えは…

 

 

それは、稲刈りから出荷までの工程に、

 

 

大きな設備

 

 

筋力

(※元サラリーマン、元テニス部でも活躍できます。)

 

 

 

が、必要になるためです。

 

だから、

 

おじいちゃん、おばあちゃん達は

お金を払って、任せているんです…( ゚Д゚)

 

 

※一部、稲刈り自体がめんどくさいからという理由もあります。

 

 

 

 

 

では、実際、次に「プロ達」の活動を見てみましょう!!!😉

 

 

 

 

 

稲刈りのプロ達物語

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、やっと!!!

 

説明するときが来ました!!

 

 

 

 

 

 

 

長い1日が今、始まる…

 

 

 

 

 

 

※ところどころで主観的な誇張が入ります。

ですが、全て事実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AM 7:30

 

長い一日が幕を開ける。

 

朝一におっさん達が一堂に集合する…

 

 

早い…

眠すぎる…

 

昨日夜更かししちゃったなんて、言ってられない雰囲気が漂う…

 

 

 

実況A

「おーーーーっと!!!」

「ここでコンバイン2台投入かーーー!?」

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

 

刈り取るスピードを早めるために

 

大型機械を2台投入するのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「乾燥機」周りのお掃除。

 

 

 

 

 

 

AM 8:00~ AM 12:00

 

 

とにかく刈りまくる!!!

 

 

コンバインでブイーーン!!!

 

 

 

 

 

 

果てしなくブイーーン!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手刈りマン : 「俺も参加させてくれーーー!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんね、手刈りマン。

 

機械を使った方がはるかに早く刈れるんだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「じゃあ、俺の出番だな。」

 

 

 

 

いいえ、カマオ君

 

あなたは、僕が作った鎌のキャラクターです。

 

 

 

コンバインに頼りましょう!!!😉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ちなみに、稲刈り時のNaoyaはこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

花粉症はつらい…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AM 12:00~12:30

 

お昼休憩。

 

「1時間取ってもいいよ。」

 

と言われますが、

 

 

 

とにかく刈りまくらなければいけないのです!!!

 

 

早食い…

 

「ゆとり世代」には厳しい…

 

 

 

 

PM 12:30~5:00

 

ひたすら、刈ります。

 

 

我を忘れて走りまくります。

 

 

 

 

 

そして適宜、「もみ」をトラックで運んで…

 

 

 

 

 

 

こうして、お米を入れて「乾燥機」の前に積んで帰ります。

 

 

 

 

 

 

こうして、乾燥機に

 

「投入!!!😉」

 

 

 

 

 

 

こうする事で、「もみすり」前に

 

お米の水分を飛ばすのです。

 

 

 

ちなみに、この「乾燥」という工程

 

1日かかります。😔

 

時間をかけて水分を飛ばすのです。

 

 

そして…

 

 

「乾燥」

「もみすり」

 

が終わったら…

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ、「袋詰め」します。

 

 

 

 

 

こうして

 

「玄米」として

 

出荷します。

 

 

 

PM 5:00~6:00

 

先ほどの写真に写っていた、

 

「コンバイン」の

 

泥を皆で、キレイキレイします。

 

そして、一日が終了します…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「え…」

「楽そうじゃないですか…??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡潔に書いておりますが、

 

「決して、楽ではありません!!!」

 

 

 

 

 

 

 

30kgの米袋を何個も持つ機会がありますし、

 

 

 

何といっても、

 

平均年齢は60歳ぐらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆、とてもパワフルです。

 

すごいね。田舎って。

 

 

 

 

 

 

実は、この

 

「お金を払って、稲を刈ってもらう」システム。

 

ちゃんと、「玄米」として出荷されたお金は

 

ペイバックされる仕組みになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが!!!

 

 

 

本来の「農業」の楽しみは

 

「自分で育て」

 

「自分で収穫する」

 

 

事ではないかと、僕は思うのです。

 

 

 

誰が悪いわけでもないですが、

 

この様な現実を見て、

 

「何か、機械的で悲しいなーー…」

 

と、思った次第であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近い将来、世代交代する時が来ると

 

思いますが、

 

 

 

「良い物・事」は

 

引き継いでいければいいと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブエックションッッ!!!!」

 

 

 

 

 

花粉症は辛い。

 

 

 

 

 

 

では、本日もありがとうございました!!!\(^o^)/

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© もぎ男のニコニコ百姓日記 , 2017 All Rights Reserved.