ー 趣味農業。素人による地域応援バラエティ ー

【むき男登場】農家があなただけに伝えたい「丹波栗」の事。その➁。

2017/11/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

 

 

 

はい!!!

 

こんにちはーーー!!!😉

 

 

 

 

 

ニコニコ田舎暮らしのNaoyaですよーーっ!!😉

 

 

 

 

突然ですが、皆様…

 

 

 

 

 

 

「アレ」は大丈夫でしたか?

 

 

 

そう、猛威をふるった、「アレ」は。

 

 

 

 

 

そうです。

 

「台風21号」です。

(※ウェザーニュースより引用。)

 

 

 

ちなみに、僕は…

 

 

 

 

 

 

台風で、小屋のトタンが見事に吹っ飛びました。

 

 

小屋内の農機具を雨風から守るため

 

 

一日でも早く「屋根直し」を行いたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という事で!!!

 

 

 

 

お待ちかね(?)の「今日の一枚」から行きましょう!!!\(^o^)/

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タイトル:気持ちが大事(真剣ver.)

 

 

 

 

 

 

 

 

早速ですが、質問です。

 

 

 

 

 

 

写真の中の彼は、何をしているでしょうか?

 

 

 

 

 

正解発表は5秒後にお伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「5」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「4」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「3」

 

 

 

 

 

写真を撮ってます。

 

 

 

 

 

 

「2」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「1」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう…

答え:写真を撮ってます。

 

 

 

 

 

さて、一体彼は「写真」を撮りに来たのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいえ、違います。

 

 

 

 

何と「彼」は、僕が住んでいる田舎まで

 

「軽トラで行く、崖っぷち栗拾いツアー」に

 

来てくれたのです。

 

 

 

 

その時に、「彼」が書いてくれた記事が下にあります。

結構…

 

というか、かなり面白いです。

 

良ければ、見て下さいね。😉

 

☞(クリックで記事に飛びます。)【これはセンスあり】丹波マロンウォーズ(by ゆきみつ)

 

 

 

 

 

 

実際、「栗拾いツアー」と謡ってはいますが、

 

山には何もありません。

 

 

 

山には、

 

栗の木と、

 

良い感じの竹藪と、

 

山ブドウの木と、

 

所々にお茶が生えているのと、

 

柿の木と、

 

葉山椒の木と、

 

タワシの原料になる木と、

 

所々に、自然に山芋が生えているのと、

 

イノシシが掘り起こした場所が落とし穴みたいになっているのと、

 

たまに、蛇の抜け殻が落ちているのと、

 

何故か、昔からトイレの便器が落ちているのと…

 

 

 

以外には、何もありません。

 

 

 

 

 

で!

 

その「栗拾いツアー」…

 

自分的には、山に入るのは楽しいのですが、

 

「ちゃんと、楽しんでもらえるのか…?( ゚Д゚)」

 

とすごく、思ってました。

 

 

 

 

 

ところが、彼は常人とは異なる動きをしたのです。

 

普通の人から見たら、何もない自然(山)なんですが…

 

彼は、

 

 

 

 

 

 

 

 

「寝そべって写真撮っていいかな。」

 

 

 

 

 

 

 

 

と、言い出したのです。

 

 

僕は、思わず、拾いかけていた栗を強く握りしめました。

 

 

そう…

 

それは、驚きと痛みという感情を伴っていました。

 

 

その時に感じたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「楽しめるかどうかはその人の、気持ち次第」

 

だと。

 

 

 

 

 

そう、

 

何でも、「楽しい」とか、「楽しくない」とか、

 

「ためになる」とか「ためにならない」とか、

 

 

「心の持ち方」によって、感じ方とか行動は変わるんじゃないかって

 

彼を見ていて、思いました。

 

 

 

 

 

「楽しくない」なら、「どうやって」楽しめるか、

 

「勉強にならない」なら、「どうやって」自分のためになるか、

 

 

そういう心掛け一つで、楽しくなるんじゃないかと、

 

 

というか、どんな時も楽しく過ごしたいと

 

思いましたとさ。😉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、彼が撮った写真。

 

 

 

この木が、

「渋い!」

 

と、喜んで写真を撮っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せ者か!( ゚Д゚)ww

 

ーーーーーーーーーーー 「今日の一枚」 終わり ーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

本題だよ!

 

 

 

はい!

 

という事で、毎回前振りが長いですが、

 

いよいよ本題に入ります。笑

 

 

今回は、前回の続きになりますので、前回を見ていない方は

 

見て頂きますように、よろしくお願い致します。

 

⇒【新キャラ登場】農家があなたにだけ伝えたい、「丹波栗」の事。その①。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回の本題は何でしたでしょうか?

 

前振りが長くて忘れてしまいましたね。😉

 

前回の記事を振り返ってみましょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「前回の記事」

予告

・かつて「栗」が送られていた衝撃の事実。

・「お金を引き寄せる」名前とは…?

・農家がこっそり教えたい事。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

上記、3項目ですね。

 

では、早速書いていきましょう!!!\(^o^)/

 

 

かつて「栗」が送られていたという衝撃の事実。

 

 

という事で、第一項目目です。

 

 

 

そう…

 

それは、平安時代までさかのぼるんです…

 

 

ーーーーーーーーーーーー 想像シーン ーーーーーーーーーー

 

 

※下記会話はイメージです。

 

「おい、いつもの”アレ”はまだなのか?」

 

「ㇵッ!ただいま、伺っているのですが、何とも…」

 

「マロはいつもの”あれ”が楽しみで、楽しみで、舌から噴水が出ておるわい。洪水じゃ。」

「(人の苦労も知らないで…)確認してますゆえ、何卒ご容赦くださいませ。」

 

 

「想像したら、(よだれが)噴水になるわい。」

 

「(噴水が面白いとでも思っているのか…)そうですね。あとちょっとで、届くそうです。」

 

 

ーーーーーーーーーーーー 想像シーン 終わり ーーーーーーーーーーー

 

 

そう、漫画を見てお気づきの方がいるかもしれません。

 

 

「丹波栗」は

 

歴史的に見て、かつては

 

朝廷に

 

献上されていたとの記録が残っています。

 

 

 

 

「延喜式」と呼ばれる歴史書に「丹波栗」が献上されていた事が載っているらしいです。

 

(※一部の文章を「丹波栗の歴史」より引用☜クリックするとサイトに飛びます。)

 

 

 

 

また、江戸時代には、丹波地域の大名より、

 

将軍様に向けて、丹波栗が送られていたと歴史書が残っているそうです。

 

(※一部の文章を「丹波栗の歴史」より引用☜クリックするとサイトに飛びます。)

 

 

 

正直、

 

僕は全然知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

「お金を引き寄せる」名前とは…?

 

 

 

 

かつては、朝廷にまで献上されていたとされる「丹波栗」。

 

 

 

栗には、いくつか品種があるみたいなので

 

勝手に分かりやすく絵を書いてみました。

 

 

 

 

 

エントリーナンバー①番

「銀寄くん」

通称:銀寄

 

何といっても特徴は、

 

甘い!!

 

おしりの部分が湾曲しているのが見分けるポイントになります。

 

 

 

 

 

 

エントリーナンバー➁番

「つくばん」

通称:筑波栗

 

 

何といっても、特徴は

 

デカい!!!

 

あと、実がホクホクしていて美味しいです。

(※あくまでも、個人の感想になります。)

 

特徴は、おしりの部分が銀寄とは違い、水平になっているところです。

 

 

 

 

 

エントリーナンバー➂番

「利平おっちゃん」

通称:利平栗

 

 

 

この栗の特徴は…

 

一番栗っぽい

(※あくまでも個人の感想です。)

 

ところです。

 

「焼き栗」にした時、一番ホクホクしていました。

 

特徴は、「おしり」の部分ではなく、

 

「あたま」の部分に、白っぽい模様があるところです。

 

 

 

 

 

 

さて、問題です。

 

下記の「栗」の中で、「お金を引き寄せる」栗があります。

 

どれでしょーか??

 

 

 

 

正解は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回発表します。😉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…って

 

 

「銀寄」に決まってるやーーんッッ!!!!

 

 

 

 

 

 

これも、江戸時代の話になるのですが、

 

当時、「銀」と交換できた事から、

 

「銀寄」という名前になったそうです。

 

 

 

農家がこっそり教えたい事。

 

 

 

 

 

さあ…

 

いよいよ明かす時が来ました…。

 

 

 

何かって…?

 

丹波栗が一番おいしいと感じる食べ方です。

(※あくまでも個人的な感想です。)

 

 

毎日、毎日、栗しか食べていない僕が、

 

 

一番おススメの食べ方

 

を紹介します。

茹で栗です。(シンプルに)

 

 

 

えぇ…

 

分かってるんです。

 

色々あるんでしょ?

食べ方が。

 

 

僕も色々食べてきました。

 

焼き栗、栗ご飯、栗もち、栗おはぎ、マロングラッセ、渋皮煮

 

 

でも…

 

一番おいしいのは、やっぱり

 

 

 

 

 

 

茹で栗です。😉

 

 

 

 

これが、甘いの何のって。

 

ずーーっと食べていられます😉

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで!!!

 

「身勝手企画」第一弾!

 

 

しつもん:あなたの栗の食べ方、教えて下さい!!

 

 

 

 

集計を取らしてもらって、

 

次回のブログに発表したいと思います😉

 

 

下部の「コメント欄」でメッセージを送ってください😉

 

 

 

 

Facebookのコメント欄でもオッケーです😉

 

 

とにかく、

 

 

こんな食べ方あるんだよー

 

とか、

 

「茹で栗」よりおいしい食べ方があるに決まってる😤

 

 

とかお思いの皆様、ぜひぜひコメントをお待ちしております\(^o^)/

 

 

 

 

 

「おもしろい」、「役に立った」という方は、「いいね」を

 

「栗の食べ方を教えてくれる」、「記事を書いてみたい」という方がいれば、

 

「コメント欄」まで😉

 

よろしくお願いいたします。

 

 

では、本日もありがとうございました!!\(^o^)/

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 茨城のサモハンキンポー より:

    俺が知る限りこの世で美味しかった食べ方。
    1.栗×栗キントン
    2.栗おこわ
    3.栗アイス(パンピーには難しい)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© もぎ男のニコニコ百姓日記 , 2017 All Rights Reserved.