ー 趣味農業。素人による地域応援バラエティ ー

農薬って必ずしも「悪」じゃないと感じた日。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

はいーーーーーーっっっ!!!!

こんにちはーーーーーーーッッッ!!!😉

 

モギ男でございます。😉

 

夏ですね!!

暑さで溶けてしまいそうですね!!!😱

地域によるかもしれませんが、僕が住んでいる篠山の地域では、

 

日中が35℃ぐらいか、それ以上。

そして…

早朝が20℃前後になります。(笑)

めちゃくちゃ快適ですけど、寒暖差がありますので、夏でも朝は布団に突き刺さっています。

 

で、今回はそう…

農薬って必ずしも「悪」じゃないよねって感じた事でございます。😉

(※この意見はアップデートされる可能性がございます😉)

 

まず、現代の僕たちは

 

「農薬」は悪だぁぁぁーーーーーーーーーーッッ!!!

 

と決めつけて、「無農薬」の商品を選びたがる傾向にあると思います。

 

で、百姓をする前の僕も

 

「農薬」は悪だぁぁぁーーーーーーーーーーッッ!!!

 

と、勝手に決めつけて毛嫌いしているところがありました。😉

 

でも、最近感じたのです。

果たして、本当に農薬は「悪」なのかと。。。

 

確かに、

「虫」が出てきたから、その「虫」を全て殺そう!

という考えのもとでの農薬は反対します。

 

でも、プランター程度でも、植物を育てていたら分かると思いますが、

「虫」は発生するのです。

 

ましてや、農業なんてものは

「同じ作物」を「一度に大量」に育てることになります。

 

それはある意味、「自然の状態」とは異なる事をしているわけでございます。

 

で、それを餌にする「虫」も自然の法則に従ったら、そりゃ「大量発生」する事になります。

 

弥生時代より、日本人は稲作を行っていますが、

その時代でも恐らく「害虫」は発生していたのではないかと考えられています。

 

で、「害虫」が大量発生した後に、待っているのは「飢饉」です。

過去に飢饉の例はたくさんあります。

 

人類が生死に関わる経験を何度もしてきて開発されたのが、そう

「農薬」なのです。

 

現代の僕たちは「薬」と聞くと、

「薬」=「毒」と単純に置き換えてしまって、

そんな物は「悪」だ!!!!

 

と、すぐバッシングする傾向にありますが、、、

 

「農薬」があるおかげで、「大量」に作物を作れて、

それがスーパーにならんで、価格的にも皆様の食卓を支えている訳でございます。

 

つまり、「農薬」を完全に擁護する訳ではないのですが、

農薬は「需要」があって存在、使用されている、使用されてきたのです。

 

そんな、「歴史の流れ」を見ていくと、

農薬の見方も変わるかもしれませんね😉

 

この意見を聞いて、少しでも何かを考えるきっかけになれば幸いです😉

 

もぎ男は今日も、走り回ります!!😉

 

本日は、ここら辺で!

ご覧頂きまして、ありがとうございました!!😊

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© もぎ男のニコニコ百姓日記 , 2018 All Rights Reserved.