ー 趣味農業。素人による地域応援バラエティ ー

No.31:【疑問に突っ込む!】若い人が、上の年代の地域住民とすれ違いを起こす原因(…の一つ)!

2018/10/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

「すれ違い」

 

 

それは、良かれと思って行っても

生じてしまう悲しい現実である…

 

 

 

 

 

 

はい!!

こんばんはーー!!😊

 

皆様、季節の移り変わりで、

鼻水ダラーンッ

って、なってないですか???( ˙-˙ )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はなってますけどね👍( ˙-˙ )

稲刈りのゴミには充分、皆さん注意しましょう…( ˙-˙ )

 

 

ささ、今日の本題!!😉

 

今日は、、、

都会から田舎に移ってバリバリやってやろう!!

と意気込んでいる若い人へのちょっとしたアドバイスです。

 

 

よく、田舎に移る時にこんな噂を

心配したりしませんか??

 

「とにかく、都会の人が地域住民と馴染むのは大変だ。」

 

↑↑これ、めちゃくちゃ聞きますよねーーww

 

僕も都会(大阪)から篠山に移り住んだ身なのですが、、

僕の場合は祖父が元々住んでいたので、

初めから結構話しかけてくれたりしました。。。

 

で、話を最初に戻すと、

外からの移住者を暖かく包み込んでくれる様な地域風土なら

元々の地域住民と仲良くなるのは

問題ないと思うのですが、、

 

最初に結構、ぶち当たってしまう壁は

「仲良くなれない」(なんか、壁がある様に感じる)

という事だと思います。。。

 

田舎に住んで何をするか(したいか)で原因が分かれてくると

思うのですが、

 

とりあえず、

「地域貢献できるように、農業やその他の分野でも頑張りたい!」

と思っている人は、下記の理由で、

地域住民の方と「すれ違い」を起こす可能性があります。

 

それは…

 

「プライドが許さない」

という理由です。

 

 

現在、流行の様に、

地方活性化~、地方活性化~

と叫ばれています。

 

そして、そのために若い方々が日夜、

頑張っているのですが…

 

正直、その課題を克服すべく、

地域住民の方も頑張ってこられたわけです。

 

そういった経緯がある場合、

若い人たちの意見だけで突っ走ってしまうと、

 

「俺たちも頑張って来たのに…」と、

上の年代の方々と軋轢を生じてしまう可能性があります。

 

これが

若い人(移住者含む)と上の年代の地域住民の方が

すれ違いを起こす原因の一つなのではないかなと感じています。

 

 

「地方活性化」というのは、

地域住民の考え方や、大切にしてきた文化等を、

若い人たちのエネルギーで

 

サポートする事が重要なのではないか

ふと感じました( ˙-˙ )

 

今回は少し、真面目な記事でしたが、

お付き合いいただき誠に有難うございましたーー!!😊

 

皆様のおかげでブログが成り立っております😊

 

次回も宜しくお願い致します😊

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© もぎ男のニコニコ百姓日記 , 2018 All Rights Reserved.