ー 趣味農業。素人による地域応援バラエティ ー

No.37 草山温泉行きのバスに感動してしまった。

2018/09/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

はい!

こんにちは!

 

皆様、お元気でしょうか。

 

「Taifu-nn」が近付いていますね😱

前回のタイフーンでは、ここ草山では

読んで字の如く、神々の山々に囲まれた 遊び 地域ですので、

 

それほど被害はありませんでした。

 

しかし、大阪にある実家は悲惨だったらしいのです。

 

何故なら被害状況を報告すると、

雨戸が1枚、網戸が1枚、駐車場の屋根パネル2枚

持って行っていかれてしまったからです。。。

 

母親はそれしか報告しておりませんでしたが、

おそらく修復をする「やる気」も一緒に持ち去ったに違いありません。

 

なので、皆さんもくれぐれも

お気をつけて下さいm(__)m

 

大阪に参ってきました( ˙-˙ )

 

9月と10月は農家にとっては、

とても大事な時期であります。

 

それは、「収穫期」という1年で最も大切な時期を

迎えるからです。

 

そう、、、

雨でもない限り、1日でも休んでしまうと

文字通り、「命取り」になるのです。

 

そんな中、僕は1日だけ「休み」を頂きました。

 

それには理由があります。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画を見たかったからです( ˙-˙ )

 

 

 

ごめんなさい、ごめんなさい。

代償として、今日はいつもより休憩を10分

短くしました。

 

そんな事より!!!

大事なのは、本日の内容ですね!!!

 

突然ですが、篠山の交通事情について説明します。

 

「丹波篠山」

昨今、何かと世間を騒がせている地名の1つだと

認識しておりますが、、

 

果たして、アクセス状況はどうなっているのでしょうか。

 

では、篠山市のメインの観光地というか、

賑わっていそうな地域への行き方

僕は、大阪出身なので「大阪駅」から

出発する事を想定し、シュミレーションしたいと思います😉

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~ 大阪駅から篠山へ遊びにくる方法 ~

 

①「大阪駅」から「架け橋」を渡ります。

「丹波路快速」という、直通の電車があります。

それは、「大阪」から「篠山」までを

1時間10分という時間を通じ、結びます。

 

そう、それは、篠山と言う

日本の農村を絵にかいた様な、「母なる地域」と、

もはや世界的都市となってしまった「世界の大阪」とを

つなぐ、いわば「母と世界の架け橋」なのです。

 

世間はそれを「直通電車」と呼びます。

 

②バスに乗ります。

さて、1時間10分というお尻が痛くなるか、

ならないかの瀬戸際を終えると、「篠山」に辿り着きます。

 

辿り着いたら、まず何をすれば良いのか、、、

 

もはや

バスに乗るしかありません。

 

あなたは気づくでしょう。

篠山には、「世界の大阪」の様な喧騒感はありません。

 

そう、「母なる大地」なので。

え?コンビニ?

ノンノン。甘えてはなりません。

バスに乗らなければ全ては始まりません。

 

ここで、バスの時刻表をパシャり。

 

いいですか、「二階町」という、

バス停で降りて下さい。

そこが、一番の篠山の

Hot! Spot!!(正式名称:観光地)なのです。

 

よく、雑誌やテレビが来る場所もこの地域なのです。

ご覧頂いて分かる様に、バスは、

20分~30分に1本ぐらいの感覚で運行しています。

 

ここで、帰りの「大阪から篠山の架け橋」の

時刻表も載せておきます😉

 

だいたい、「20分に1本」の感覚で

架け橋が運行していますね😉

 

奥座敷、「草山温泉」の行き方。

 

ところで!!

僕の紹介したかったのは、観光地へのアクセスの

方法なんかじゃありません!!!

 

本日は

「草山温泉」

「アクセス」について

紹介致します。

 

篠山には、温泉が3つほど、

(施設で言うと、7つ程)の温泉があるのですが、

その内の1つが「草山温泉」です。

「草山温泉」

 

僕は、この周辺に住んでいます。

当然、お酒を飲む時や、運転もする元気もない、

又は、この地域に縁もゆかりもない方でしたら、

バスを使用する事になると思います。

 

もう何度、お世話になったことでしょうか。

「篠山口駅」⇔「草山温泉」までは

だいたい、35分程度で辿り着くことが出来ます。

 

こんな、緑緑と生い茂る山の中に

バスが走っているのです。

「大阪駅」⇔「篠山口駅」を繋ぐ電車を

「架け橋」というのであれば、

 

この路線バスは、

「明石海峡大橋」ぐらいの大事な存在でしょう。

 

なんせ、山々に囲まれているのです。

某巨人の漫画の様な、篠山市内でも「壁」に囲まれた、

地域なのです。

 

バスという公共交通機関があってこそ、

人々の往来が可能になっているのです。

 

こんな大事な愛おしい公共交通機関ですが、

このバス、、、

一つ欠点があるのです。。。

 

 

 

 

 

 

休みの日

本数すくなーーーーー!!!!!!!

 

そうなのです。

平日は、何とか1時間に1本ぐらいで頑張っているのですが、

 

土日祝になると、急に元気をなくすのです。

おそらく、お客さんが少ないためでしょう。

 

土日祝に関しては、8時25分のバスを乗り過ごすと

爽やかな自然に囲まれた、

超地獄の時間を過ごす事になるでしょう。

 

ちなみに僕は、(過ごした事が)あります。

 

でも、たぶん頑張ってくれているんだろね。

 

 

しかし、贅沢は言ってられません。

 

なんせ、お客様の数を見る限り、、

利益は出なさそうな路線です( ˙-˙ )

 

つまり、補助金か何かで、

この「篠山口駅」と「草山温泉」の

明石海峡大橋の様なバスを残してくれているのでしょう。

 

涙が出ますね( ˙-˙ )

 

そう思うと、先ほどの野次、希望などは

消しカスの様に、丸めて捨てなければならない

ただの、駄々っ子であると自覚しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、もっとお客さん来ないかなー( ˙-˙ )

 

本日もご覧頂き、誠にありがとうございました😊

 

次回もよろしくおねがいしまーーす😊

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© もぎ男のニコニコ百姓日記 , 2018 All Rights Reserved.